ゴム加工・金型設計・理化学機器・安全保護具販売SK 様々なゴム加工の金型設計・ゴム製造方法について ゴム製品金型不要による製作方法及びゴム製品製作例 金型成形によるゴム加工方法ゴム成型品加工工程の説明 様々な樹脂加工品案内 理化学機器インデックス 安全保護具・各材質、機能別ゴム手袋等の案内

シリコンとシリコーンの違い。


シリコン特徴

  • 耐熱・耐寒性に優れている。シリコンのポイント耐熱・耐寒性(-40℃~250℃)
  • メモたとえば、なべしきやケーキカップ、製氷皿など。
  • 離型剤にすぐれている。シリコンのポイント離型性
  • メモゴム型などの製品を型(かた)からはずしやすくするために型の内面に塗るもの。
  • 発泡性に優れている。シリコンのポイント発泡性
  • メモフォーム状(スポンジ)の製品製作。
  • 電気絶縁性にすぐれている。シリコンのポイント電気絶縁性
  • メモ電気絶縁性を有効利用した製品。たとえば融雪マットなど。
  • 化学的安定○。シリコンのポイント化学的安定
  • メモ成型品例:シリコンクッキング用カップなど。

シリコン?シリコーン?

シリコーンとは酸素とケイ素(SI)からできているケイ石が原料の人工化合物です。

一方シリコンは元素記号Siで表せる金属ケイ素です。半導体シリコンウェハーなどに用いられます。
ICチップの元になるものがシリコンです。

一般にはシリコーンをシリコンと言うケースが多く見られます。当社でもより分かりやすくさせるために、シリコンゴムと詠うことがあります。

シリコーン原料「元は小さな同じ単位」

シリコーンの原料は地球上のケイ石(Si))と有機化合物(塩化メチルCH3)を高温で反応させメチルクロロシランを合成します。クロロシランと水を反応させるとシリコーンが出来ます。

シロキサン結合

このつながり方によってワニス(レジン)、オイル状。ゴムコンパウンド※と形状が変化します。

※生ゴム状(ゴム加工、成形品として)

ノンシリコン?

最近よく耳にするノンシリコン。シャンプーなどにもシリコンのオイルが使われています。髪をコーティングしツヤも出すためです。

シャンプーにシリコンが入っていると安心なところは髪のキューティクルを保護する効果が期待でき、しかも熱に強いシリコンですので、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる効果も期待できます。

何かと話題になるノンシリコンシャンプーですが、ノンシリコンでも他の油分コーティング剤が入っている場合もあります。

髪の状態は、髪質、洗い方、すすぎ方などによっても個人差が出てきます。

シャンプーは汚れを落とすものなのでシリコン入りを避けたいという場合はトリートメントはシリコン入り。というように使い分けてもよいかもしれません。

★シリコーンオイル★ 流動体樹脂のこと。
特徴 離型性、潤滑性、無味無臭、安全性◎、表面保護、不活性、撥水性、電気特性など。
/ 用途 効果
低粘度 制汗剤、ヘアースプレー、シャンプー、リンス、スキンクリーム、ローションなど さっぱり感が得られる。
中~高粘度 ハンドクリーム、口紅、アイシャドー、ヘアオイル、ヘアスプレー、シェービングクリーム 艶、のび、はっ水性が得られる。

※シリコーンオイルは化学構成上、極性の小さい物質であるため一般に溶解度の小さい無極性溶剤にはよく溶解します。
※効果は実際の商品に含まれる含有量によっても異なる場合があります。

【実際に試してみました。ノンシリコンシャンプー】

ノン
実際にノンシリコーンシャンプーを使ってみました。
ノンシリコーンシャンプー実験>>>

戻る