ゴム加工・金型設計・理化学機器・安全保護具販売SK 様々なゴム加工の金型設計・ゴム製造方法について ゴム製品金型不要による製作方法及びゴム製品製作例 金型成形によるゴム加工方法ゴム成型品加工工程の説明 様々な樹脂加工品案内 理化学機器インデックス 安全保護具・各材質、機能別ゴム手袋等の案内

ノンシリコンとシリコンってどう違う?


ノンシリコンシャンプー実験。

個人の感想になりますが、ノンシリコンシャンプーを試してみて思ったことをまとめました。

最初は髪質によって、5,6種類で色分けされている、メンズ用スカルプヘアシャンプーを使いました。
段階としては超デリケートヘア用でない、次のモイスチャー(黄色い)タイプを使用。
使用してみての感想:最初すごくさらさらになり、見た目でもストレートっぽく、さわり心地も良好。結局一本使い切りました。
次に試したのは、一般的なノンシリコンシャンプー。
前回と比較するとさらさら感は若干劣るような感じでしたが、問題なく一本使い切りました。
その次に試したのは、ノンシリコンでも他の油分が気になりましたので、オーガニックシャンプーを試してみました。
感想:さらさら感の実感は最初のシャンプーと比較すると、あまりなく、どちらかというと、ゴワゴワする感じでした。
トリートメントを使おうかな??と思ってしまうほどで、同じ種類のノンシリコントリートメントを使用。現在使い途中です。(→現在は終了。)あと、すすぎ方が悪いのかちょっとかゆくなります。
オーガニックはとても環境にも優しいので汚れを落とす力もやさしいのかなと思いました。
食器用洗剤も、環境に良い洗剤だと、少し普通の洗剤より泡も少なく、汚れを落とすのにも少し力がいります。あわあわいっぱいで食器の汚れを落とすのに慣れてしまっていると、ちょっと物足りない感じです。かね??
環境に良い分、汚れを落とす力も優しいとか、、少しシャンプーに似ている気もします。

この先実のところノンシリコンシャンプーを使い続けないと、髪が抜けるとか、抜けにくくなるとか、本当の意味での結果は出ないかとも思いますが、やっぱり、ノンシリコンでもシリコン入りでも、よくすすぎ、きれいに乾かすのが大切かと思います。かゆみが残るとかの場合はすすぎをよくすると良いかと思います。
すすぎもよくするといっても、爪をたてて洗ってしまうと、地肌も痛みます。
自分はトリートメントもしないくらい、おおざっぱな人間ですが、あっこれイイ☆彡と思ったヘアケアアイテムがあります。
あれです!

ノンシリコン?シリコンシャンプーどちらにしてもおすすめシャンプ―ブラシ

ノンシリコン派?シリコン派。どちらにもおすすめシャンプ―ブラシ

これ。シャンプーブラシです。【写真は他社製です。でもかなりおススメです。あと関係ありませんが、一緒に写っているのは投稿当時たまごからふ化したばかりの恐竜です。】
これがあると地肌も痛みにくいし、適度な力で地肌のマッサージで毛穴もすっきり、気分もすっきり、手の数よりゴムのピンがたくさんあるので、すすぎ残しも少なくなります。
シャンプーブラシのタイプもこんな感じでスクエアタイプが地肌にも優しいそうです。
ちなみに弊社はこのようなヘアラバーブラシも得意分野ですけど、このページではすごい勢いでノンシリコンシャンプーが増えているので、気になってしまい、メリットデメリットを書いてみようと思っただけなので今回はあまり関係ありませんね。

もし、シリコン入りシャンプーの方が落ち着く方は、シャンプー前の毛穴クレンジング→普通のシャンプーもおススメだったりします。
あ、普通の方はそのあとトリートメントしますね。。
夏は特にすっきりしますよー
で、最終的なコメントはさっくんから。。

さっくんからひとこと

まあ、言ってしまえば、環境のことを考えると普段の生活で少し何かを辛抱するということは、、これからの時代必要なことなのかなー。 ゴムのことならさっくん

戻る