ゴム加工・金型設計・理化学機器・安全保護具販売SK 様々なゴム加工の金型設計・ゴム製造方法について ゴム製品金型不要による製作方法及びゴム製品製作例 金型成形によるゴム加工方法ゴム成型品加工工程の説明 様々な樹脂加工品案内 理化学機器インデックス 安全保護具・各材質、機能別ゴム手袋等の案内

ゴム金型成型方法


コンプレッション成形と呼ばれるゴム製品の成形工程をご紹介いたします。


  • ゴムの生材料です。さわると弾力性のある粘土のような状態です。

ゴム製品の加工、成形方法1

ゴムの生材料

 


  • はじめにゴム材料と加硫剤をロール機で何度もよく練り合わせます。
    顔料を添加する場合は、この段階で必要量を添加して色味を調整します。

 

ゴム製品の加工、成形方法2

練り工程


  • ロール機で練られた材料を、それぞれの製品に合わせた厚みに整えます。こうしてシート状になった材料を金型の大きさ・構造に合わせて裁断します。

 

ゴム製品の加工、成形方法3

分出し/裁断工程1

ゴム製品の加工、成形方法4

分出し/裁断工程2


  • 金型をプレス機にセット。そこに先ほど裁断したゴム材料を仕込みます。

 

ゴム製品の加工、成形方法5

金型とプレス機

ゴム製品の加工、成形方法6

材料の仕込み


  • 金型に熱と圧力を加えます(プレス)。この工程により粘土状のゴム材料が形になります。型から取り出した製品は余分な材料が薄いバリになります。その後、一つ一つ丁寧にバリを取る仕上げを行ってほぼ完成です。
  • 様々なゴム成型品製造いたします。

 

ゴム製品の加工、成形方法7

金型から取り出した成形品(バリ付)。クッションゴム部材の場合


 

ゴム製品の加工、成形方法8

二次加硫工程


  • 製品がご指定通りの寸法に出来上がっているか、測定機によりチェックを行います。

 

ゴム製品の加工、成形方法9

三次元測定機

ゴム製品の加工、成形方法10

測定作業の様子


  • 最後に全数検査を行い、良品のみをお客様にお納めします。

 

ゴム製品の加工、成形方法11

検品作業の様子


エスケーのゴム成形品は、このように一つ一つていねいに、細心の注意を払って、自信を持ってお客様へお届けしています。

 

戻る